ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

ダビスタ96の話 その4

売却価格での能力判定~400万か3100万か、それが問題だ

f:id:onsen222:20170920234439p:plain

 

ダビスタ96の生産馬判別法の1つに、馬の売却価格と入厩時期をチェックするというものがある。
当時人気だったのが、繁殖牝馬の価格をMAXまであげた状態で、売却価格3100万円かつ超晩成の馬を探し当てるという方法だ。
具体的には、売却価格が3100万円であり、3歳12月4週まで入厩OKのコメントが出ず、1月1日に入厩OKが出れば、かなりのスピード馬ということが確定する。もっと詳細に言ってしまうと、スピードは必ず120(+4)以上となる。

つまり、ダビスタ96プレイヤーが一番ドキドキするのは3100万円の馬が生まれ、12月4週で「入厩OK」が出るのか、それとも出ないのかという瞬間。
12月4週で「順調に~」などのコメントが出れば、それだけで脳汁がブシャーとなるのだ。

で、この3100万円の判別法はかなり流行したが、さらに上で絞り込む判別方法も開発された。
それが、繁殖牝馬レースに出走せずに繁殖にあげる方法だ。すると、生産馬の売却価格は大きく下がる(能力は変わらない)。この状態で、売却価格400万円かつ1月1週デビューの馬を探すというものである。

すると、スピードが125(+5)以上の馬が判別できてしまう。
一部では流行したが、結論を言えばこの方法はマズかった。300万円未満を切っていくと、ソルトレイク(126/124/98/99/3)のような超大物を見逃してしまうからだ。

幸い、ソルトレイクの生産者ボルジア師は、300万でも育成していたため、ソルトレイクは世に出ることができた。しかし、400万にこだわり大魚を逃してしまった生産者もいるかもしれない。


ビデオ生産~こいたアダプタの脅威

f:id:onsen222:20170920234506j:plain

ダビスタの生産を手助けするツールとしては、指定の順番でボタン操作ができるコマコン(コマンドコントローラー)が有名だが、その一歩進んだツールとして「こいたアダプタ」というものも存在した。

こいたアダプタはパソコンとスーパーファミコンを接続し、パソコンから直接スーファミを操作できるというシロモノ。「こいた」さんによって必要なパーツや配線図が公開されていた(確か……)。

こいたアダプタは、種付けから名前付け、価格確認までの連続コマンド入力はもちろん、パソコンのテキストファイルからのパスワード自動入力も可能という恐ろしい機能を持っていた。


さらに、こいたアダプタの真価は「ビデオ生産」によって発揮される。

その前に、ダビスタ96の馬の能力決定処理について解説が必要だろう。
ダビスタ96の場合、ゲーム開始から種付けまでの時間で馬の能力が変わっていく。例えば、ターボファイルから読み込み、正確に10秒後に種付けした場合、最後ターボファイルから読み込ませて10秒後に種付けをすれば、まった同じ馬が生まれる。ゲームのTASによる乱数調整みたいなものと考えてよい。

こいたアダプタはパソコンから操作ができるので、プログラム側から種付けまでの時間をわずかに、かつ正確にずらしていき、売却価格判定まで進めていくことが可能。ポイントは、馬の名前もずらした時間によって「ああ」「あい」「あう」のようにずらしていくことで、これにって、時間をどれだけずらしたら3200万の馬が生まれるということがわかるようになるのだ。

ここまで準備ができたら、あとはこいたアダプタを実行し、種付けから売却価格までの様子をビデオで録画していけばよい。数時間録画をしたらビデオを早送り再生し、3200万円の売却価格の馬の名前をチェックし、こいたアダプタで再現させればよいのだ。

この方法は、ROM内のデータは一切操作していないし、覗いてすらしていないので、不正な生産にはならないだろう。
それにしても、ここまでの方法を考えるとは当時のヘビープレイヤーには恐れ入る。

(手っ取り早くPARなどで内部数値を直接見ていた人も多いだろうが……)

もうちょっとだけ続く

 

 

 

竹蘭で醤油ラーメン

比較的近所にある国際通りのラーメン屋「竹蘭(たけらん)」へ。

訪問は10回目くらい。

 

f:id:onsen222:20170919121435j:plain

化学調味料無添加ということで、がつーんとしたジャンキーなうまみはないけど、丁寧な味がして結構好き。

今回ははじめて「醤油」にチャレンジ。(いままで存在に気が付かなかった)

 

f:id:onsen222:20170919121650j:plain

ベースは普通のラーメンと同じ。ひき肉がきいてていい感じッス。

 

 

 

ダビスタ96の話 その3

ダビスタ96の話の続きです。ダビスタ96が好きだった人以外にはまったく面白くないはずなのでご了承を!

 

ダビスタ96の話 その1

ダビスタ96の話 その2

パスワード種牡馬の登場~神のBMSワイルドアゲイン

f:id:onsen222:20170919015344p:plain

ダビスタ96史においてエポックメイキングな出来事といえば、海外種牡馬のパスワード配信だろう。
それまでは「持ち込み馬」として繁殖牝馬に種付けされた状態でしか手に入らなかった、強力な海外種牡馬が使えるようになった。

競馬マニアからすれば、ニジンスキーダンチヒカーリアンなどの大種牡馬に目が行くと思うが、ダビスタ的にはワイルドアゲインが注目された。
このワイルドアゲイン、有効なクロスとなる祖先を多数持つ上に、マイナー血統も多く面白配合になりやすい。そのため、最強馬の父ではなく、母父(BMS)として大活躍することになる。

というわけで、ダビスタ96最強の配合である

スイフトスワロー×ワイルドアゲイン×プチカプリース(ミッドナイトアールティ)

が爆誕した。


この配合の代表馬は、ダビスタ96最強馬・ソルトレイク(同馬にハーゴン、カワムラサクラコ)をはじめ、TSLの究極・ビガーセレッソ(同馬にアヤノアルフォンス)、最強の晩成・ナリエモンクルーズ、真性ダート馬・アルベルラグナロクらが存在する。

なお、この配合については独自研究があるので、そのうちひっそりと発表したい。


超晩成ボーナス~最強馬は遅れてやってくる

f:id:onsen222:20170919015353p:plain


ダビスタIIIとダビスタ96には、成長型が「超晩成」の馬だけに、MAXスピードが一時的に限界を突破する「超晩成ボーナス」という制度がある。具体的には、最大スピード÷25のスピードが5歳11月以降に外れるというもので、スピードが125なら、130まで伸びることになる。

この超晩成ボーナスの影響は大きく、晩成種牡馬が圧倒的有利となる原因となった。(そのためか、PS版以降は外れている。)

超晩成ボーナスが当時のダビスタプレイヤーの間でどれだけ知られていたか……。
一部ユーザーはIIIの頃から知っていただろうが、ほとんどのユーザーは海外種牡馬の配信が始まって以降だろう。かなりのヘビーユーザーでも現役の頃は知らなかったという人もいるかもしれない。

なお、ナリエモンクルーズは、晩成ながらトップクラスの能力を持つ。もし、この馬の成長型が超晩成だったが、96でトップを取っていたかもしれない。


同一馬の存在~65536パターンの憂鬱

ダビスタ96の最大の問題点の1つが、同一馬が生まれやすいこと。有名なところでは、ビガーセレッソとアヤノアルフォンスは全く同じ馬である。(気性とスタミナが1つずつ違うが……)

原因は、乱数のシード値が0~FF(16進数)までの65536パターンしかないことに加え、一定能力を超える繁殖牝馬は同一の繁殖牝馬としてみなされるTSL(トータルサムリミット)の存在があったことだ。

FHGAMEのコアなユーザー間では、「同一馬は、はやく引いた人の勝ち」という暗黙のルールがあったが、具体的な能力は数値を覗かなければわからなかっただけに、うやむやになったようだ。(ビガーセレッソとアヤノアルフォンスは同時期に生まれたのでOKだったらしい)

続く

 

 

ヤマナカリー別邸で二盛

以前から行きたかったヤマナカリー別邸に。

f:id:onsen222:20170908134715j:plain

崇元寺通りのとまりん近く。歩くとやや遠いので自転車で。

f:id:onsen222:20170908134750j:plain

一皿で2つの味が楽しめる二盛カレーを注文。贅沢!

ライスの量は無料の最大値300g。3辛でミニラッシーも注文。

f:id:onsen222:20170908134858j:plain

ピンがあってなくてすいません!

右側が牛豚キーマ、左側が旨みチキンカレー。どちらもうまし!

 

けっこうお腹を空かせていったけど、超満腹で満足ッス。

 

 

 

ドラクエ10の2アカをコントローラ1つで快適に楽しむ

f:id:onsen222:20170907130612p:plain

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

 

ドラクエ10といえば、2アカ操作が公式に認められている素敵なゲームである。

2アカなら、キラキラマラソンも強ボスのオーブ集めも、チムクエもすべて倍速になるので、おすすめ。ただし、月額料金は2倍になる諸刃の剣。

というわけで、ここでは、コントローラ1本で快適に2アカをプレイする方法を紹介したいと思う。たまに質問されるので。

2アカの方法はいろいろ紹介されているが、自分のおすすめは、コントローラのアナログスティック押し込みで、2アカの画面を切り替える方法だ。

この方法でバージョン3のラスボスまで2アカ+サポ2で一発クリアできている。

ポイントは2つあって、1つは、定番のJoyToKeyではなく、Nanjoyを使うこと。素晴らしいことにフリーソフトである。

 2つめは、他のサイトに紹介されているようなキーボードショートカットではなく、マウスのクリックをボタンに割り当てることで切り替えることだ。
つまり左アナログスティックを押し込むと、左の画面をクリックすることで操作可能になり、右アナログスティックを押せば、右画面をクリックして操作可能になるということだ。

f:id:onsen222:20170907125457p:plain

 

というわけで、具体的な手順を。

www.vector.co.jp

f:id:onsen222:20170907125724p:plain

まずは、Nanjoyをインストールする。インストーラはないので、適当なフォルダにコピーして起き、「NanJoy.exe」を実行すればよい。

 

f:id:onsen222:20170907125742p:plain

メッセージがでたら「OK」をクリック。

f:id:onsen222:20170907130118p:plain

「NanJoy」が起動したら、「ジョイスティック連動」をクリックして有効にして、実際にアナログスティックの左アナログボタンと右アナログボタンを押して込み、どのボタンが反応するか試してみよう。
自分の環境では左アナログスティック押し込みが「ボタン11」、右アナロスティック押し込みが「ボタン12」だった。

 

f:id:onsen222:20170907130154p:plain

続いて、左アナログスティックのボタンを選択(ここではボタン11)しておき、「マウス」をクリックして、「左クリック」と「座標指定」にチェック、「X:」を「100」、「Y:」を「100」にしておく。
座標の値についてはあとで微調整が必要になることもあるが、とりあえずはコレで。

最後に「変更」をクリックして反映させておく。

 

f:id:onsen222:20170907130224p:plain


同様に、右アナログスティックの設定もする。こちらは、「X:」を「1200」、「Y:」を「100」にしておこう。

ここまで設定できたら、いったん「閉じる」を押す。Nanjoyはタスクトレイ内で実行されるようになる。

f:id:onsen222:20170907130248p:plain


それでは、ドラクエ10のウィンドウを2つ起動して、試してみよう。ウィンドウを並べ、左アナログスティックと右アナログスティックを押し込んで、移動するか試してみる。うまくいかない場合は、マウスのクリック位置(X:、Y:)を調整するとよい。

 

f:id:onsen222:20170907130311p:plain

再度、Nanjoyの設定画面を開きたいときは、タスクトレイの「^」ボタンからアイコンをクリックしよう。

f:id:onsen222:20170907130350p:plain


メニューの「ショートカット」から「スタートアップに登録」を選ぶとWindowsの起動時に、Nanjoyも自動的に実行されるので、おすすめ。

それではみなさん、楽しい2アカドラクエライフを!

 

 

 

ダビスタ96の話 その2

 

競馬雑誌はダビスタ雑誌に~賞金付き雑誌は詐欺?

ダビスタブームのピークは、1997年発売のPS版だが、ダビスタ96でも、その兆しは見えていた。各競馬雑誌が、毎号のようにダビスタを大々的に特集し始めたのである。

ダビスタネタを多く掲載していた競馬雑誌は、競馬王、ダービーを一生遊ぶ、サラブレ。攻略記事はもちろん、BCも開催しており、雑誌BCに掲載されることは大きなステータスだった。

それぞれの雑誌の主要なライターは、競馬王が、ダビスタ四天王(横井顕師、亀谷敬正師、小林憲一師、渋田師)、ダービーを一生遊ぶが、ホーク爺師、ピンポイント師、後期にムラキング師、サラブレがタッチ藤田師、はぐれ川田師というメンツだった気がする。

f:id:onsen222:20170906085804p:plain

ちなみに、ダビスタIII時代に公式攻略ビデオというのが発売されており、横井顕師、ピンポイント師、ホーク爺師、徳田雅哉師らの若かりし頃の活躍する姿を見ることができる。
ニコニコ動画にアップされているので、昔を知っている人は見てみよう!

 

www.nicovideo.jp


#噂によると徳田雅哉師は、「探さないでください」と書置きを残して失踪したとか…… ダビスタ96は初期だけの活躍に留まっている


さて、話を雑誌に戻すと、競馬雑誌以外でもダビスタのBCを開催する雑誌が存在した。

その名は「いっかく千金(途中で「一攫千金」に変わったかも)」。

この雑誌、驚くべきことに、BCに勝利すると賞金がもらえるというシステムだった。参加するためには雑誌に付属する参加券が必要になるため、コアなダビスタプレイヤーの中には、雑誌を複数買って応募する人もいたのである

かくいう自分も、「いっかく千金」を2冊買って、自慢の愛馬で応募。登録した2頭とも予選は突破したが、優勝はならなかった。

それから数年後。
元いっかく千金の編集者だったという人と知り合いになったが、なんとこの雑誌、賞金は一切送っていなかったらしい(笑)

ほとんど詐欺に近いが、速攻で休刊になったし、大きな話題にもならなかった。

ネットでもほとんど情報がないので、詳しい人がいたら教えてください。

 

 

阪神航路休止~長距離旅客フェリーの火がまたひとつきえる

貴重な長距離航路の1つ、阪神航路が10月10日に終わってしまう……。

 

マルエーフェリー阪神航路は、那覇と大阪・神戸を結ぶの長距離航路。那覇から大阪までは約48時間かかる。

2014年には東京航路も休止しているため、沖縄からフェリーで一気に本州へと行く定期航路はなくなってしまった……。あう。

フェリーはよい。独特の旅情がある。しかし、移動に丸2日以上かけられる人は少なく、料金は飛行機よりも高い。旅客もライダーとフェリーマニアくらいしかいないので、休止も仕方ないだろう。

ちなみに自分は東京ー那覇間のフェリーを7回、大阪ー那覇間を1回乗っている。一昨年、阪神航路に乗っておいてよかった。

写真が少しだけ残っているので紹介しておこう。

 

f:id:onsen222:20170905172345j:plain

阪神航路は、離島便が数多く出る泊港とまりん)ではなく、那覇新港から出発する。

f:id:onsen222:20170905172507j:plain

雑魚寝はなく、寝台ベッドなので快適。この日は同じ部屋に他の客はおらず、独占状態だった。

f:id:onsen222:20170905172606j:plain

レストランがなく、大量の電子レンジが用意されている。

f:id:onsen222:20170905172643j:plain

外の様子。飛行機と違い、船内を自由に歩き回れるのがフェリー旅の魅力。すぐに飽きるけど。

というわけで阪神航路に乗ってみたい人、チャンスはあと1ヵ月! フェリーで沖縄にいこう!

 

A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社