ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

ANAのWi-Fiアプリは無料版だけでも便利!

寒いです。

神奈川の実家に戻っております。

f:id:onsen222:20171119233226j:plain

どんよりとした天気の中、ANA便で那覇から羽田へ。

早割75をつかったので、運賃は8,900円。安い。

 

で、暇でしょうがない機内で便利なのがANAアプリ。

f:id:onsen222:20171119233422p:plain

飛行機の中にも関わらず、Wi-Fi経由でインターネット接続ができる。

ただし、有料で40分で550円か、フルフライト1,050円。ライバルのJALが無料だけに無料化してほしいけど、混雑しすぎてつながらなかったら意味がないから、まあいいかとおもう気持ちもある。

 

で、このアプリ、有料のインターネット接続を使わなくても十分に便利!

f:id:onsen222:20171119233726p:plain

現在地がいつでもわかる。ついでに飛行速度と高度、到着までの時刻も。

個人的にはこれが好き。

f:id:onsen222:20171119233827p:plain

日テレニュースやドラマなどの動的コンテンツも。こちらは恐らく機内にあるサーバに動画データをキャッシュしてあると思うので、高速で快適な視聴が可能。

 

今回はインターネット接続サービスも使ったけど、ちょっとしたミスで15MB制限の壁にあっという間に到達してしまって、フライト中はほとんど使えなかったのが残念……。

 

というわけで、ANAに乗る人はANAアプリは絶対いれておいたほうがいいよ!

 

ANA

ANA

  • ANA (All Nippon Airways)
  • 旅行
  • 無料

 

play.google.com

 

 

つけ麺SAKURAでラーメン

久々につけ麺SAKURAへ。

桜坂にある人気ラーメン屋である。

 

f:id:onsen222:20171116042440j:plain

初見殺しの小さな扉がつけ麺SAKURAの特徴。一見さんお断りというわけじゃないので、元気よく扉を開けよう!

 

で、SAKURA。最近は飲み会終わりとかにガヤガヤ行くことが多かったけど、今回はお腹を空かせた状態で、万全の態勢!

f:id:onsen222:20171116042605j:plain

ラーメン並! 定番の魚介豚骨系で当然ながらおいしい! 魚粉を溶かしつつスープを飲むのもいいね。

ごちそうさまです!

 

 

 

2軒目に最高な栄町・トミヤランドリー

フルカラーで飲んだ後、栄町のロータリー近くにあるトミヤランドリーへ。

モツが有名な立ち飲み屋らしい。

f:id:onsen222:20171113180358j:plain

ドアを開けた瞬間、一杯かな? と思ったけど、奥のほうにギリギリ入れた。ラッキー。

f:id:onsen222:20171113180450j:plain

看板メニュー(?)のもつ塩煮込み。やさしい味。

f:id:onsen222:20171113180636j:plain

牛すき肉豆腐。こちらもおいしい。出汁がよくきいてるよ。

立ち飲みだし、ヘルシーだし、2軒目としてほんと最高。もちろん、1軒目でもいいけど。

 

ていうか、隣にちょんまげの人が普通に飲んでてびっくらこいた。

f:id:onsen222:20171113180824j:plain

話しかけてみると、まげひらさんという結構有名な方らしい~。(写真許可済み) ほかの方々にも話しかけられまくって人気者だった! 活躍期待してます~

 

 

平成将棋合戦ぽんぽこ初優勝! 準々決勝でトラブルも。第5回将棋電王トーナメントの感想

コンピュータ将棋の最高峰の戦い・第5回将棋電王トーナメントは「平成将棋合戦ぽんぽこ」の優勝で終わった。運営の皆様、お疲れさまでした。

未視聴な方は以下からどうぞ

live.nicovideo.jp

 
優勝はやねうら王ライブラリ採用の平成将棋合戦ぽんぽこ!

勝戦は準決勝でPonanzaを破った平成将棋合戦ぽんぽこと新鋭のshotgunの戦い。
コンピュータ将棋ならではの並列3番勝負(!)を制したのは、3勝全勝の平成将棋合戦ぽんぽこの手に。晴れて新電王・平成将棋合戦ぽんぽこが誕生した。

作者は世界コンピュータ将棋選手権でも活躍した「蒼天幻想ナイツ・オブ・タヌキ」の開発陣のうちの2人。

おめでとうございます!

3位Ponanzaは引退表明

準決勝で敗れたものの、3位決定戦に勝利して存在感は十分に発揮したPonanzaだが、制作者の山本氏より引退が表明された。ここ数年のコンピュータ将棋界をリードしてきたソフトだけに引退は寂しい。
今後はソースコードの公開やロジックなどを公開してほしいところだが、難しいだろうか。
有料でも構わないので、エンジンの公開をしてほしい。
……とはいえ、GUIの出来が悪すぎて回収騒ぎまでなったPonaXの件があるだけに難しいかもしれないが。 

準々決勝でトラブル。ソフトの独自性の問題へ発展

今大会最大の事件は準々決勝のshotgun vs Yorkieで起こった。

最終盤、shotgun勝勢ながら、256手が近い局面で、Yorkieが粘り、257手目で詰み。
大会ルールでは256手を超えると引き分け、になるはずではあるが、立会人の勝俣六段の裁定で、Yorkieに合法手がないということで、shotgunの勝ちと判定に。

その後休憩に入り、ニコ生のコメントも荒れ気味になるが、ルール的には立会人裁定で問題ないらしい。
(将棋の内容的には完全にshotgunの勝ち)


休憩明け、勝俣立会人から、Yorkie作者からのコメントとして、大会までに盛り込もうとした機能が間に合わず、思考部の独自性が間に合わなかったということで、辞退ということに。
(のちの議論の発言で裁定負けには納得していること)

256手問題とは別次元の話に進んでしまう。

ここでぽんぽこの作者から辞退したYorkie作者へ異議。
「CSAライブラリとのバッファ部分は書かれましたよね? それは十分な工夫だと思うのですが、ご本人はいかが思うのでしょうか?」


Yorkie作者は、書いたがその部分は思考部ではないと判断したと返答

その後も、ぽんぽこの作者は高速化という独自性はあるのではないかと提言。

以下、大会の進行は完全に止まり、運営(MobileHackerzのMIROさん?)、他の作者、将棋ライターのmtmtさんも混ざって議論に。運営側もあえて止めることはなく、発言者にマイクを渡すというアシスト(笑)。

生中継ならではのイレギュラーな場面なので、興味がある人はこの部分だけでも視聴してほしい。思考部の独自性の議論も面白い(タイムシフトだと05:13:50ごろから


それにしてもぽんぽこの作者の人、大人しいイメージだっけど、意外だった。優勝したから当然とはいえ、今大会のMVPは間違いなく、この人だろう。

 

解説・西尾明六段は素晴らしかった

最後に書いておきたいのは、解説の西尾明六段の素晴らしさ。将棋の読みの解説はもちろん、ソフトの深い知識、的確な質問、場の回しなど、完璧に近かった。来年もぜひ、解説をしてほしい。閉会式の鈴木大介九段のフォローもよかった。

というわけで、来年も楽しみ。
参加者の皆さんがフトを公開するのも待ってます!

 

 

 

Ponanza貫禄の1位通過! Yorkie躍進! 第5回将棋電王トーナメント予選結果

コンピュータ将棋の最高峰の戦い・第5回将棋電王トーナメントが開幕した。

未視聴な方は以下からどうぞ

live.nicovideo.jp


予選の結果、12(日)の決勝トーナメント表は以下の通りに。

f:id:onsen222:20171111220953p:plain

実績のある超強豪ソフトが中心。
Ponanzaは、「予選敗退もあるかも?」と噂されたが、終わってみれば無敗で貫禄の1位通過。
注目は、2位通過の「Yorkie(ヨーキー)」。初参加で決勝の快挙。elmoベースで開発され、自己PR文では4駒関係の採用とCPUの利用を行っている模様(……が、4駒はバグがあって実際は使っていないようだ)。

そのほか、優勝候補のやねうら王、elmoも順当に予選突破。

10位のshotgunにも注目しておきたい。序盤の定跡がハマれば、上位ソフトに一発が入る可能性もある。


第5回予選の感想~組み合わせのミスも

致命的なバグのあるソフトが多く、1秒で負けたり、反則負けをすしてしまうソフトも。ギリギリまで開発を続けていると思うので仕方がない一面があるとはいえ、参加ソフトの数も多いので、一定水準での足切り(予備予選とか?)も必要な時期に来ているかもしれない。まあ、ネタソフトはネタソフトで面白く、電王トーナメントトーナメントの楽しみの1つではあるが。

解説と聞き手もミスマッチだったかもしれない。
阿部光瑠六段、中村真梨花女流三段ともに、優秀な解説・聞き手だとは思うが、たくさんの対局が行われる中進行するのは難易度が高い。解説か聞き手のいずれかは、進行上手な人を当てたほうが良かったかもしれない。
また、将棋ソフトの名前をうまく読めなず、進行が止まるシーンが多々あった。参加ソフトが多いとはいえ、43ソフトとわかっているので、それぞれの読み方くらいはチェックしておいてほしかった。長いソフトの略称はどうするとかね。

組み合わせにミスがあったことも付記しておこう。
予選は「完全スイス式」と呼ばれる基本的に勝者同士が対戦するシステムだったが、2回戦でミスがあった。そのため、わずかではあるが、Windfallに不利益な結果となってしまった。

というわけで、グダグダな部分もあったが、非常に楽しめる大会であることは間違いないので運営に感謝したい。

明日の決勝トーナメントも楽しみ!

 

 

那覇カレーグランプリ2017行ってきた

とまりん隣のとまり緑地で開催されている那覇カレーグランプリ2017に行ってきた。

f:id:onsen222:20171111172226j:plain

とまりん隣の公園部分。雨が降ってなくてよかったー!

 

f:id:onsen222:20171111172240j:plain

1000円のチケットを購入して、カレー2食分楽しめるお得なイベント。参加12店舗から選ぶ仕組み。

f:id:onsen222:20171111172338j:plain

テーブルと椅子は用意されているけど、参加者と比べると圧倒的に少ないので、座れない人は多いかも。とくにぼっち参加は厳しい。自分も無理だった。

とまりんの階段で食べてる人が多かったかな? レジャーシートも販売されていたので、持っている人は持ち込むのがよいかと。

というわけで、58号線近くのベンチで食べることに。

f:id:onsen222:20171111172446j:plain

最初に頼んだのは、ぬーじボンボンメンデス黒カレー中華SOBA。カレーじゃなくてカレーラーメンだけど、追い飯をいれてカレーぽくなる。

とてもおいしいけど、スープを捨てられる場所が見つからなくて、最後の飲み干したのがちょっと辛かった。(お店ブースいけば捨てられたかもだけど)

f:id:onsen222:20171111172746j:plain

1食目でお腹いっぱいになったので、2食目は持ち帰り。

西食堂~ウェストキッチン~の厚切りポークの “とろーり”炙りチーズカレー。

自転車で持ち帰ったので、見た目が崩れた写真でごめんなさい……。ほんとはきれいな盛り付けだった。

カレーグランプリは明日12日(日)も開催されているので、カレー好きな人はぜひ!