ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

「アオアシ」の素晴らしさについて語りたい

現在、もっともスゴイマンガは「アオアシ」である。
25年ほど前から叫んでいるが、伝わっているだろうか?


2017年のマンガ大賞では4位になるなど、すでに十分な評価は受けていると思うけど、それでも足りない! 不足すぎる!
アオアシは、漫画界、いや、人類が誇る歴史的作品と言ってもよいだろう(たぶん)。

というわけで、アオアシの素晴らしさを語っていきたい。
ネタバレはできるだけ避けてるけど、避けては通れない部分もあるので、未読の方は注意だ。


「Jユース」をテーマにしたサッカーマンガ

アオアシは2015年から週刊スピリッツで連載されているサッカーマンガである。
つまり開始から2018年現在まで連載期間は3年ほど。冒頭のウソがいきなりバレたが、まあよい。
アオアシの舞台はJリーグのユースチーム、「Jユース」。高校サッカーマンガは多数あるが、Jユースをテーマにした作品はそれほどないのではないか。

主人公の青井葦人(アシト)は、愛媛の田舎の中学出身。ポジションはFWで、少年マンガの主人公のような熱血タイプである。
(アオアシが掲載されている週刊スリピッツは一応青年誌)
正直なところ、熱血タイプな主人公は好きじゃない。しかし、アシトは猪突猛進なタイプではなく、「考える」ことができる。単なる熱血バカではないので、感情移入がしやすい。

余談だが、青井葦人(あおいあしと)でアオアシ。が、作中一度も「アオアシ」とは呼ばれていない。今世紀最大の謎である。

f:id:onsen222:20180602182336j:plain

主人公の青井葦人。少年マンガの主人公タイプだが、「考える」ことができるのが魅力。そして、「視野の広さ」という唯一無二の武器も持つ。

そんなアシトがスカウトされて「東京シティ・エスペリオンFC」のユースのセレクションを受ける。

ユースのセレクションからユース入団あたりから、加速度的に面白くなっていくのだ。


主要キャラクターが魅力的!

脇を固めるキャラクターは、どいつもこいつも魅力にあふれまくっている。
例えば、ユース代表監督の福田達也。

元リーガエスパニョーラで絶大なカリスマ性を持ち、アシトの運命を大きく変えていく。他のコーチ陣もキャラが立っていてよい。厳しいだけじゃなく、選手を育てようという意識が非常に高い。

f:id:onsen222:20180602182352j:plain

福田監督とユースコーチ陣。

ユース生は、セレクション合格組、スカウト生、Jrユース昇格組の3種。
それぞれ、苦悩、因縁を抱えているが、彼らの人間関係と成長も見どころのひとつ。
画像はスカウト生の富樫。ヤンキーキャラだが、さりげない優しさが魅力。

 

f:id:onsen222:20180602182356j:plain

スカウト生。我が道をいくタイプで、Jrユース昇格生とは確執も。

f:id:onsen222:20180602182344j:plain

Jrユース昇格組の朝利マーチス淳。アシトの才能を徐々に認めていく。

ほかのチームの選手たちも熱い!

スポーツマンガで苦手な展開が、相手チームが自分たちのチームをなめ切っているというもの。練習試合ならまだしも、公式戦でなめた戦いをしているとハァ? となってしまう。アオアシではそんな展開は当然ながらなく、すべての選手が懸命だ。

逆に主人公がJユースの強豪に所属しているだけに、格下である相手チームのほうが熱かったりする。

f:id:onsen222:20180602182348j:plain

Jユースに強烈な闘志を燃やす高校サッカー部

お互いが常に全力だからこそ、試合の展開は熱くなるのだ。もちろん、敵チームにも魅力的なキャラクターはたくさんいるよ。

アシトの覚醒に心が震える!

最大の見どころはアシトの急激な成長。単純なトラップ技術からはじまり、三角形の関係、アイコンタクトなど、現実のサッカーに即した技術を習得しつつ、最大の武器である視野が生かされていく部分が、ポイント。

また、異次元のFM義経、高校生ながらJリーグの試合にも出場するユース最高傑作・栗林に出会うことで衝撃を受け、さらなる成長を遂げていく。

f:id:onsen222:20180602220526p:plain

視野を生かし周囲を動かせることがアシトの能力

そしてアシトに衝撃的な展開が……


順調に成長するアシトだが、福田監督から衝撃的なことを指示される。

f:id:onsen222:20180602220948p:plain

大きなショックを受けるアシト。しかし、飛躍には必要なことだった。

ここから物語はさらに動き出し、話が進むほどによりサッカーの概念が深く、面白くなっていく。果たしてアシトはどこまで成長できるのか? 今後の期待は高くなるばかりである。

というわけで現在も連載中のアオアシ。サッカーマンガ史に残ることは間違いないだろう。 

13巻がでたばかり! 13巻はほぼ試合だけど、緊張感がある展開は最高ッス!