ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

https化したはてなブログでhttpへのリンクでもリファラを吐くようにする

はてなブログをhttps化すると、httpへのリンクはリファラ(リンク元のURL)を吐かないようになる。

「リンクを張ったよ!」とアピールをしたい人や、リファラを元にしたランキングサイトに参加している人は不便なはずだ。

そこで、https化したはてなブログでも、httpページへのリンクでリファラーを吐く設定にしておこう。

話は簡単で、ヘッダー内に

<meta name="referrer" content="unsafe-url">

というメタタグを入れればよい。

 

はてなブログでリファラのメタタグを設定する

f:id:onsen222:20180901064250p:plain

はてなブログのダッシュボードで、左側の「設定」から「詳細設定」を選ぶ。

f:id:onsen222:20180901064252p:plain

「headに要素を追加」に「<meta name="referrer" content="unsafe-url">」を貼り付ける。

f:id:onsen222:20180901064253p:plain

最後に「変更する」をクリックして反映させよう。

 

以上で、リファラを吐くようになるはずだ。

ただし、Safariなど非対応のブラウザもあるので注意しよう。

なお、unsafe-url部分のオプションは、他にこのようなものがある

none……リファラを吐かない

none-when-downgrade……https→httpではリファラを吐かない

origin-when-crossorigin……ドメイン名をリファラで吐く

 以上です!