ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

 

将棋

見逃した詰み その59 (シンプルな13手詰み)

将棋ウォーズ 3分戦 vs五段より 後手は5一銀打で受けたが、これが大悪手。後手玉には13手詰みが発生している。 本譜は詰みを発見できず時間切れ負け。 やや長めだが難しくはないので、チャレンジしてほしい。

見逃した詰み その58 (簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ3分戦 vs 二段より 指しているときは詰みがあるとは思わなかったが、よく見ると簡単な5手詰めがある。 金銀4枚で囲っているが、ほとんど無力だ。

見逃した詰み その57 (簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ3分戦 vs初段より いかにも詰みそうな局面だが実際詰む。5手詰だが、初手は限定の1手しかない。 実戦は3五歩打で安全勝ち。

見逃した詰み その56 (実戦で見えにくい5手詰み)

将棋ウォーズ3分戦 vs 16級より 少し改題 後手が自分。詰みはないかも? と自玉の詰みを見逃したが、5手詰みがあった。 対局相手はノータイム指し。16級でもこのレベルだから将棋ウォーズは怖い。 ただ、詰将棋とわかっていれば解きやすいと思われる。

見逃した詰み その55 (簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ3分戦 vs 一級戦より改題 楽勝だと思っていたが、自玉の詰みに気づいていなかった……。 簡単な5手詰めがある。

「投了すっか!~将棋奨励会物語~」は藤井聡太七段の登場を予言していた?

タイトルは釣りであります。……が、藤井七段を彷彿とさせる人物は出てくる。 というわけで、「投了すっか!~将棋奨励会物語~(以下、投了すっか)」の紹介をしたい。ちょっとだけネタバレあります。 1997年連載で奨励会を舞台にした作品 実在の棋士をモデル…

見逃した詰み その54 (簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ 3分戦 vs二段より 詰みがありそうだと思いつつ、時間がなくて読みきれず。長手数の詰みもあるけど、5手で決めてほしい。

見逃した詰み 番外編 久保利明九段-藤井聡太七段戦より 29手詰め

竜王戦決勝トーナメント 久保利明九段-藤井聡太七段戦は終盤熱戦に。 最後は難解な詰みが発生していたので、見逃した詰みの番外編として紹介したい。 全棋譜は以下から見られます(要Flash) 2019年7月5日 決勝トーナメント 久保利明九段 対 藤井聡太七段|…

見逃した詰み その53 (簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ vs 二段 3分戦より前後反転 簡単な5手詰みがある。油断をすると逃してしまうので注意。

見逃した詰み その52 (見えにくかった11手詰)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 五段より(先後反転) いかにも詰みそうな局面。残り30秒で読みきれず。7四の桂馬にヒモがついていると錯覚して8三香成から入るが失敗。難問というわけではないので、有段者なら数分で解けるかも。

見逃した詰み その51 (簡単な13手詰)

将棋ウォーズ 10秒戦 vs 三段より 9五歩と突いて、同歩とされたところ。入玉だけは阻止しなければならない。この局面で13手詰めがある。比較的簡単。

見逃した詰み その50 (15手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs 28級より(前後反転) 6一龍とぶった切って同銀とされたところ。15手詰みを逃す……。

見逃した詰み その49 (13手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs 二段より 自陣は安泰なので安全勝ちをしてもよいが最大13手の詰みがある。応手が多いがそれほど難しくはないのでチャレンジしてみてほしい。

見逃した詰み その48 (11手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs二段より少し改題 自玉は受けようがないので相手を詰まそう。 実戦は読み切れたが相手の時間切れ。

見逃した詰み その47 (5手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs四段より少し改題 相手が2二銀と打ったけど、いかにも詰みがありそうな雰囲気。残り20秒を切っていたので、安全策を取ってしまったが、5手詰みがあった。

見逃した詰み その46 (5手詰)

将棋ウォーズ3分 vs三段戦より 実戦は3四から精算する筋ばかり読んでいて、簡単な5手詰めがあることにきがつかなかった……。ちなみに3四からの生産はギリギリ詰まない。実戦は詰み筋に入ったが時間切れ。

見逃した詰み その45 (11手詰)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 22級より 後手が自分。敗勢ではあるが、ここから華麗に寄せられた。この数手前から投了まで、相手の思考時間はすべて1秒未満。プロ? 詰むとわかっていて時間があればそれほど難しくないので、チャレンジしてほしい。

見逃した詰み その44 (超簡単な5手詰)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 三段より少し改題 簡単な五手詰めがあります。有段者なら10秒で解いてほしい。級位者でも2分くらいでいけるはず。

見逃した詰み その43 (7手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs 四段より 穴熊戦の最終盤。詰みがありそうな感じはしたが見えず……。 7手詰みと11手詰みがあります。

見逃した詰み その42 (2通りの7手詰)

将棋ウォーズ 10秒戦 vs 四段より 見やすいように先後反転してあります。 指しているときに、絶対詰みがある! と思いつつ10秒で読み切れず。 案の定2通りの詰み筋があった。残念!

第68期王将戦第4局の大盤解説会に行ってきたら手元に封じ手が

18年ぶりに沖縄で開催される将棋のタイトル戦。 久保王将に渡辺棋王が挑戦する第68期王将戦の第4局・大盤解説会に行ってきた。 将棋に詳しくない人のために簡単に説明すると、王将戦は将棋八大タイトルの1つ。 先に4勝したほうがタイトル獲得となるが、こ…

見逃した詰み その41 (簡単な9手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs三段より少し改題 いかにも詰みそうな局面。自然に追っていけばよいが、少しだけ盲点に入りそうな手がある。読みってほしい。

見逃した詰み その40 (簡単な7手詰)

将棋ウォーズ10秒戦 vs 二段より改題 うまく逃げ切ってあとは寄せるだけ。自玉は安全なので、安全勝ちを狙ってもよいが7手詰めがある。

見逃した詰み その39 (簡単な五手詰)

将棋ウォーズ 10秒戦 vs 三段より改題 逆王手があるので下手な攻めはできないが、比較的簡単な5手詰みがあった。 詰め将棋でも実践でもよくある手筋だ。

見逃した詰み その38 (見逃されなかった三手詰)

将棋ウォーズ 10秒戦 vs 五段より いつもとは逆で、敗勢の後手が自分。負けだが詰みはギリギリなさそう、と思ったけどわずか3手の詰みがあった(笑) そして、相手の五段様に指されて気づく。 詰め将棋だと超簡単だけど、実戦の10秒でサクっと見えるのはす…

見逃した詰み その37 (初心者向け手筋が多い7手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs 三段より 早繰り銀 vs 右玉の戦いの終盤。初心者に覚えておきたい手筋がある7手詰。 級位者にはやや難しいかもだけど、有段者ならすぐに読めるはず。

見逃した詰み その36 (17手詰)

将棋ウォーズ3分戦 vs 三段より 先手勝勢の局面だが、飛車角両取りをかけられた局面。持駒に金があれば一気に寄せ切れそう、と思ったが詰みがあったとは……。 読み切れれば高段の力はあるとおもう。

見逃した詰み その35 (実戦的な15手詰)

将棋ウォーズ10秒戦 vs 二段より 3六龍としても勝ちだが、相手玉に詰みがあった。というか、いかにも詰みそう。 ただし、8四から抜けてしまうと詰まないので注意。15手とやや長いが難易度は高くない。

見逃した詰み その34 (9手詰)

将棋ウォーズ 10秒戦 vs四段から 7四歩と逃げ道を開けたところだが、これは受けになっていなかった。 実戦は8三桂成としてしまい、これでも勝ち筋はあったけど逆転負け。 詰め筋がいくつかあるので、良い問題ではないが詰ませて欲しい。

見逃した詰み その33 (3手詰めが2つ)

今回は将棋ウォーズ vs三段から、相手が見逃した詰みと自分が見逃した詰みである。 驚くべきことに両方3手詰み。 では、相手が見逃した詰みから。 銀取りを受けた3九角が世紀の大悪手。指して1秒後に悪手に気がついた。 かつて、NHK杯で加藤一二三(ひふ…