ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

 

さくらVPSからさくらのレンタルサーバにSSL済みドメインのWordpressを引っ越しした話

Wordpressで趣味のブログを運営しているけど、どうにも重いのでサーバを変えることにした。

サーバが重い原因は2012年に契約したさくらVPS に置いていたこと。PHPのバージョンは5.Xだし、モジュールモードでもない。

というのも、同じVPSに入れている他のサイトがPHP7に対応していないから。そちらをPHP7対応にしてバージョンアップする手もあるけど、数も多くて面倒だし、リスクもある。

 

で、引越し先は人気のエックスサーバー にするか、さくらのレンタルサーバ にするか迷ったけど、同じさくらならばドメインのネームサーバーを変えなくていいのでよさそうだったので、さくらに決定。

懸念点は、ドメインをLet's EncryptでSSL化しているので、引っ越しがうまくいくかどうか、ということ。結論としては全然問題なかった!

というわけで、参考になる人がいるかどうかはわからないけど、手順を残しておこう。

 

 

さくらのレンタルサーバと新規契約

f:id:onsen222:20190617045547p:plain

まずは、さくらのレンタルサーバ と新規契約。プランはいろいろあるけど、Wordpressが使える中で一番安いスタンダード(月額515円)に。ほとんどの人はスタンダードで問題ないと思う。さくらのレンタルサーバは2週間の仮契約時期があるけど、ドメインの操作ができないので、すぐに本登録することに。

 

 旧サーバのデータベースをバックアップ

f:id:onsen222:20190617045224p:plain

はじめに、phpMyAdminから旧サーバのデータベースをバックアップしておく。ZIP圧縮しておくとなおよし。

 

旧サーバのファイルをまるごと圧縮してバックアップ

f:id:onsen222:20190617045408p:plain

続いては旧サーバのファイルをバックアップ。これはZIPで圧縮しておくとよい。

LinuxのZIPコマンドは zip -r ファイル名 ディレクトリ

作成したZIPファイルはFTPで作業用パソコンにダウンロードしておいた。

 

新サーバでデータベースを作成し、バックアップしたデータをインポート

f:id:onsen222:20190617050015p:plain

さくらのレンタルサーバのコントロールパネルで「データベースの設定」から「データベースの新規作成」を選ぶ。

f:id:onsen222:20190617050013p:plain

データベース名と接続用パスワードを設定し、「同意する」にチェックを入れて「データベースを作成する」をクリックする。

 

f:id:onsen222:20190617050209p:plain

データベースが作成されたら、「管理ツールログイン」からphpMyAdminを開き、データベースを選択し、「インポート」にある「ファイル選択」でバックアップしたファイルを選び、データベースをインポートする。

 

f:id:onsen222:20190617050420p:plain

インポート成功!

圧縮したファイルを新サーバに置いて解凍する

旧サーバで圧縮したファイルをFTPで新サーバに置いておき、コントロールパネルから「ファイルマネージャー」を開こう。

 

f:id:onsen222:20190617050647p:plain

ファイルマネージャーで圧縮ファイルを右クリックし「リモートで解凍」を選ぶ。

 

f:id:onsen222:20190617050743p:plain

解凍先を選んで「OK」を選べば、Wordpressのデータが解凍される。

 

Wordpressのデータベース情報を編集する

f:id:onsen222:20190617052509p:plain

ファイルマネージャーで「wp-config」を右クリックし、「編集」を選ぶ。

 

f:id:onsen222:20190617052507p:plain

「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「ホスト名」を新しいサーバに合わせて編集して保存しよう。

 

let's encryptの失効手続きを行う

ここからはWebサイトに影響が出るので、閲覧者が少ない深夜などで行いたい。まずは、let's encryptの失効手続き。

f:id:onsen222:20190617051156p:plain

certbot-auto revoke --cert-path=/etc/letsencrypt/live/ドメイン名/cert.pem
上記のコマンドを実行して、「Y」を選択するだけ。

#自分の場合はcertbotを/rootに置いていたので、cd rootをしてから「./certbot-auto revoke --cert-path=/etc/letsencrypt/live/ドメイン名/cert.pem」で実行している。

 

さくらVPSでドメインを削除しさくらのレンタルサーバで登録する

f:id:onsen222:20190617051607p:plain

さくらVPSのドメインはさくらインターネットの会員メニューから「契約情報」→「ドメインメニュー」を開く。あとは、削除したいドメインを「ゾーン削除」で削除する。

あとは、さくらのレンタルサーバのコントロールパネルから「ドメイン/SSL設定」を選び、「新しいドメインの追加」からドメインを追加する。自分の場合、ドメインは別サービスを使っているので、「他社で取得したドメインを移管せずに使う」から設定を行った。

ドメイン登録後は、SSLの「登録申請」でLet's Encryptへの申請を行おう。

 以上で引越し作業は完了だ。1時間ほどで、サーバ移動が正常に行われたことを確認した。

 

PageSpeed Insightsで速度の計測

それでは実際に速度は改善したのかPageSpeed Insightsで確認したい。

f:id:onsen222:20190617131658p:plain

スコアは37。かなりひどい。

f:id:onsen222:20190617131721p:plain

今回短縮した語ったのは「サーバー応答時間の短縮(TTFB)」。この時間が長いことが気になっていた。

 

f:id:onsen222:20190617131942p:plain

スコアは49。まだまだひどいけど……。

 

f:id:onsen222:20190617131958p:plain

TTFBが0.52に! 体感ではだいぶ速くなった気がする。ここからはサーバと言うよりも、サイトの設計で改善できそう。

f:id:onsen222:20190617132136p:plain

パソコンの表示ならスコアは90!

というわけで、サイトの表示はかなり快適になって満足です!