ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

ダビスタ96の話 その3

ダビスタ96の話の続きです。ダビスタ96が好きだった人以外にはまったく面白くないはずなのでご了承を!

 

ダビスタ96の話 その1

ダビスタ96の話 その2

パスワード種牡馬の登場~神のBMSワイルドアゲイン

f:id:onsen222:20170919015344p:plain

ダビスタ96史においてエポックメイキングな出来事といえば、海外種牡馬のパスワード配信だろう。
それまでは「持ち込み馬」として繁殖牝馬に種付けされた状態でしか手に入らなかった、強力な海外種牡馬が使えるようになった。

競馬マニアからすれば、ニジンスキー、ダンチヒ、カーリアンなどの大種牡馬に目が行くと思うが、ダビスタ的にはワイルドアゲインが注目された。
このワイルドアゲイン、有効なクロスとなる祖先を多数持つ上に、マイナー血統も多く面白配合になりやすい。そのため、最強馬の父ではなく、母父(BMS)として大活躍することになる。

というわけで、ダビスタ96最強の配合である

スイフトスワロー×ワイルドアゲイン×プチカプリース(ミッドナイトアールティ)

が爆誕した。


この配合の代表馬は、ダビスタ96最強馬・ソルトレイク(同馬にハーゴン、カワムラサクラコ)をはじめ、TSLの究極・ビガーセレッソ(同馬にアヤノアルフォンス)、最強の晩成・ナリエモンクルーズ、真性ダート馬・アルベルラグナロクらが存在する。

なお、この配合については独自研究があるので、そのうちひっそりと発表したい。


超晩成ボーナス~最強馬は遅れてやってくる

f:id:onsen222:20170919015353p:plain


ダビスタIIIとダビスタ96には、成長型が「超晩成」の馬だけに、MAXスピードが一時的に限界を突破する「超晩成ボーナス」という制度がある。具体的には、最大スピード÷25のスピードが5歳11月以降に外れるというもので、スピードが125なら、130まで伸びることになる。

この超晩成ボーナスの影響は大きく、晩成種牡馬が圧倒的有利となる原因となった。(そのためか、PS版以降は外れている。)

超晩成ボーナスが当時のダビスタプレイヤーの間でどれだけ知られていたか……。
一部ユーザーはIIIの頃から知っていただろうが、ほとんどのユーザーは海外種牡馬の配信が始まって以降だろう。かなりのヘビーユーザーでも現役の頃は知らなかったという人もいるかもしれない。

なお、ナリエモンクルーズは、晩成ながらトップクラスの能力を持つ。もし、この馬の成長型が超晩成だったが、96でトップを取っていたかもしれない。


同一馬の存在~65536パターンの憂鬱

ダビスタ96の最大の問題点の1つが、同一馬が生まれやすいこと。有名なところでは、ビガーセレッソとアヤノアルフォンスは全く同じ馬である。(気性とスタミナが1つずつ違うが……)

原因は、乱数のシード値が0~FF(16進数)までの65536パターンしかないことに加え、一定能力を超える繁殖牝馬は同一の繁殖牝馬としてみなされるTSL(トータルサムリミット)の存在があったことだ。

FHGAMEのコアなユーザー間では、「同一馬は、はやく引いた人の勝ち」という暗黙のルールがあったが、具体的な能力は数値を覗かなければわからなかっただけに、うやむやになったようだ。(ビガーセレッソとアヤノアルフォンスは同時期に生まれたのでOKだったらしい)

続く

 

onsen222.hatenablog.com